名刺作りのネタ帳・名刺の基礎知識、名刺作成のノウハウ、名刺のアイデア、名刺の英語表記などを紹介しています

名刺作りを職業にしているオヤジが
自分で名刺を作ろうとしている
SOHOの方や主婦の方に名刺の作り方や
名刺のアイデアを紹介しています。

HOME > 名刺の基礎 > 名刺の文字(書体)について | サイトマップ  | メール |

名刺の文字(書体)について


名刺のデザインではレイアウトと共に大切なことがあります。それは文字の形、書体です。
書体はフォントとも言われます。

世の中には文字の書体は数え切れないくらい、たくさんあります。
どのような書体を名刺に使用するかによって、職種や仕事の内容などのイメージが変わってきますので、あなたが与えたいイメージを相手に持ってもらうような書体を選びたいものです。

ここでは代表的な書体について紹介します。

一般的な名刺はこれから紹介する書体が多く使われていますが、もし目立ちたい名刺を作りたいのでしたら、これら以外の書体を使うことによりちょっと変わった名刺を作ることができます。

書体は大きく分けて「楷書体」、「明朝体」、「ゴシック体」、「ポップ体」があります。

楷書体


▼楷書体の見本


楷書体は筆で書かれたような文字で、和風なイメージを与える書体です。
縦書きの名刺ではよく使われます。

楷書体は、伝統的、老舗、正統派、長く商売をしているといった感じを与えます。
その反面少し古く、保守的、堅苦しく感じることがあります。

あなたの会社やお店の「和風らしさ」をアピールするのであれば楷書体はよい書体だと思います。

明朝体


▼明朝体の見本


明朝体は新聞や雑誌などの印刷物の本文部分でよく使われる書体で、とても読みやすく、わかりやすい書体です。
一文字が四角の中にきっちりと納まり、整然と並んでいる印象から少し堅いイメージがあります。

ゴシック体


▼角ゴシック体の見本


▼丸ゴシック体の見本


ゴシック体は角張っていて線の幅が均一です。

ゴシック体は大きく分けて角が角張っている角ゴシックと角が丸くなっている丸ゴシックがあります。

角ゴシック体は楷書体や明朝体に比べると力強い感じを与えますので、新聞などの見出し部分によく使われます。
それに比べ丸ゴシック体はやさしい感じを与えますので、女性の名刺などに好まれて使われます。

ゴシック体は新しい雰囲気を持った会社やお店といったイメージを抱きます。

ポップ体


▼ポップ体の見本


ポップ体はいろいろなデザインがあり、特に決まったかたちがあるわけではありませんが、ちょっとくだけた遊びを感じさせるカジュアルな書体です。

プライベートやお店などの名刺で使うのは問題ないですが、ビジネスでは少し考慮した方がいいと思います。



文字の大きさ


文字には書体以外に文字の大きさといった要素があります。

文字の大きさはいったいどのぐらいの大きさが妥当なのか?

名刺の用紙一杯に大きな面積を使って名前や住所を入れると、大きな文字で見やすくなりますが、あまり大きすぎてもデザイン的に格好がつかないものです。

またデザイン重視なのでしょうが、ものすごく文字を小さいくしている名刺を見かけます。
住所など読みにくいので、あまり小さくしすぎるのも考えものだと思います。

平均的な文字のサイズは、氏名で18ポイント、住所・電話などが7〜9ポイント、社名が12〜15ポイントぐらいにすればバランスのとれたレイアウトになります。

書体の種類によって同じ文字サイズでも、見た感じの大きさが異なります。
この平均的な大きさを目安に、文字を大きくしたり小さくしたりすることによって、強調したい項目を作れます。



名刺作りのネタ帖 HOMEへ


名刺の知識

名刺の基礎

名刺に書かれている内容

名刺の基本レイアウト

名刺の用紙

名刺の文字(書体)について

肩書・住所等の英語表記

名刺を自分で作る

名刺作成講座

Wordで名刺を作る

名刺に写真を入れる

イラストレーターで超簡単名刺の作り方

名刺作りのIllustrator入門

名刺作成に役立つ道具

好感度アップの名刺術

レイアウト編

マナー編

その他

コラム

プロフィール

リンク

リンク集




Copyright(c) 2005 名刺作りのネタ帳 All Rights Reserved